卵殻膜化粧品を手作りした

卵殻膜化粧品を自作で手作りした

卵殻膜化粧品を自作し手作りしたのですが非常に大変で難しかったです。
ゆで卵をいくつも作ってウォッカに漬けて大がかりでした。ゆで卵を剥くのが本当に大変でしかも薄い膜を綺麗に剥がさないと使えなくなっちゃうし。結構卵のにおいが手につきますね 笑。でも乾かして使うので最終的にはそれほど臭くありません。それよりもウォッカにつけるのでお酒が苦手な方は止めたほうが良いでしょう。
そして皮を剥いて放置してあったゆで卵をどうやって食べようかかなり悩みました。

 

必要な材料は下記になります。用意するのは簡単です。卵殻膜を作る手順も簡単です。でも根気がいります。
・卵殻膜 卵10個〜30個くらい

 

・精製水 適量

 

・ウォッカ(40度以上) 適量

 

1.卵の膜を殻から剥ぐ
ゆで卵を作ります。冷めたら内側についている薄い膜を丁寧に剥がします

 

2.膜を乾燥させる
剥がした膜はトレイやお皿の上に置いてしばらく放置。乾燥すると半透明だった薄皮が白くなりますので目安にしてください。白くなった薄皮を卵10個〜30個分ストックしていきます。

 

3.ウォッカを入れる
ストックしていた薄皮を蓋つきの容器などに入れ、薄皮が十分浸る程度にウォッカを注いでいきます。そして1週間〜2週間放置します。

 

4.濾過(ろか)する
ボウルにザルをのせ、清潔なタオルなどを敷きます。タオルの更に上にキッチンペーパーを敷き、上から卵殻膜入りウォッカを流し込みます。濾過する際は、手で絞ら内で待つのがコツ。液体が自然に滴るのを待つ方がキレイに濾過できます。ろ過が終わるのを待ちます。

 

これで卵殻膜 美容液が完成です。

 

卵殻膜 化粧水を作りたい場合は、上記の卵殻膜美容液に原液が30%、精製水70%くらいで薄めていくと良いです。アルコールが苦手な方や乾燥が心配な方は使わないほうが無難です。

 

あとは、好みで調整しましょう。

 

また、コットンやフェイスシートに作った卵殻膜 化粧品をパックして使うのも効果的です。

 

自分で卵殻膜 化粧品を作る場合は防腐剤を使用していないため1ヵ月程度で使い切らないと化粧品が腐敗するかもしれません。
匂いや色などを適宜確かめつつ卵殻膜化粧品を手作りしましょう。

 

でも、1週間〜2週間かけて卵殻膜 化粧品を作ったのにそんなに持たないの?
非効率的だわと思うかたは市販されている卵殻膜 化粧品を使うことをおすすめします。
防腐剤がきちんと使用されていて衛生面でも安全ですし、ゆで卵にした卵の使い道を考えなくても良くなります。